『優艶の花 2.5Dバージョン』制作日記

2016年07月01日

久しぶりの更新になります、すっかり暑くなってきました。
今年はリアルタイム作品なのでムービー制作にはつき物のレンダリング放熱に悩まされなくて良いのが救いですね。

前回更新分のコメントが少し荒れていたので活動頻度や更新ルール的な物を改めて提示しておきます。

ブログの更新頻度は何か進捗があれば月一程度で更新はしますが開発が遅い場合などは期間が延びます。
言いかえればネタがあれば更新出来ますが特に無い場合は無理に更新しませんのでご了承ください。
開発側の率直な気持ちとしては開発が進んでいない段階での更新は色々な意味で非常に辛い物があります。
未実装の機能やシーンをネタ的に書く事で無理に更新する事も可能ですが結果的に実現しない事も有りますから。

また基本的に個人制作のサークルですので開発が非常に遅いです。
他の仕事をしながら時間を捻出してDSCの活動をしていますので、その時間自体が限られる事が多々あります。
素早い開発&頻繁なブログの更新が出来れば理想ですが現実には体力的にも限界がありますのでご理解下さい。

また何らかの不測の事態で開発が継続困難な場合は包み隠さずにご報告します。
ですから一定期間の更新が無いだけの時は逆に開発が止まっている訳ではないのでご安心ください。
特に今作はリアルタイム作品という事でプログラム部分の開発に時間を割かざるおえません。
ムービー作品と違って見た目が全く進んでいる感じにはならないので更新頻度も少なくなってしまいますのでご理解下さい。

*******************************

という訳で更新の話はここまでとして、ここからは久しぶりの新ネタとしますw
ヒロインキャラと新しい背景画像をUPしました!

改めて次回作のおさらい…
3Dムービー作品だった「優艶の花」シリーズの世界観をベースにキャラクターを2D、背景を3Dで描くDSCとしては初の試みとなるそんな作品です。

大まかなストーリーは「優艶の花 後篇」から一年後のお話。
家を飛び出して放浪の旅を続けていた優華、そんな彼女に襲いかかる新たなる鬼畜調教の日々!
世間から隔絶された館で繰り広げられる変態男達による快楽調教に彼女はどうなってしまうのか?
そんな感じのお話ですw

20160701

2D化されたキャラクター画像は今回が初めてのお披露目になります!
梵天 鴉さんによって3Dの時以上に可愛らしくエロく描いて頂けたと思います。
静止画では伝えられませんがリアルタイム3Dの機能を生かしてキャラや背景がムービーとは違った動き方をしますのでそこを楽しんでもらいたいです。

ユーザーの操作や選択肢によって調教を進めるタイプの作品です。
ゲームを続けると出来なかったプレイが可能になる、どんどん優華がエロくなっていく!
みたいな内容になりますw
ここ数カ月ひたすらプログラムを続けていましたが有る程度の目途が立ってきたので残りの半年は絵作り&エロシーン作りを重点的に進めてペースを上げて開発できればと考えています。

そんな訳でブログの更新が遅いのでご心配をおかけするかも知れませんが、この先も完成まで開発は続けていきますのでまったりと見守って頂ければと…そう願います。

それでは今回の更新はここまで!!






(16:23)

2016年03月06日

皆様こんにちは久しぶりの更新です!
暖冬とは言えそれなりに寒かった冬もそろそろ終わりかな?と思える気候になってきました。
そんな春の到来に合わせてでは無いですが制作活動も活発化していければと考えていますw

優艶の花2.5D的な作品の制作を開始して気付けばそれなりに時間が過ぎてしまいました。
完全に制作ツールを変更した事と3D部分もリアルタイム描画に変更したので今回は今まで以上に手こずっています。
とにかく何をするにも調べる所から…そして当然のごとく一回では上手くいかないので何度も繰り返しやり直す…みたいな永久ループと思える作業の繰り返しですw
それでも徐々にコツというかノウハウが蓄積されてきているのでこのままなんとか完成まで進めたら良いなと思います。

そんな訳でまだ公開できる程の物もありませんがいい加減に画像無しも寂しと思いますので背景部分をご紹介します。

20160306

この画像はムービーからのキャプチャではなくリアルタイム3Dでの描画になります。
ヒロインが様々な調教を受ける部屋で、雰囲気が出るように後ろに小物を配置しています。
静止画では解りませんが天井のファンや壁に設置されているカメラが絶えず動いている状態です。
完成までには改修を加えるかもしれませんが、背景から次回作品の雰囲気を少しでも感じて頂けると嬉しいです。
実際には中央に調教を受けるヒロインが2D形式で表示されるためこの画像だとガランとした感じに見えますけどw

背景はパースの付いた3Dでキャラはパース無しの2Dなのでカメラ操作時に矛盾するこの二つのギャップをプログラムで調整するようにしてあります。
ですから好きな個所をズームインしたりすぐに戻したりなどの操作も可能で、こういう部分はリアルタイムならではの恩恵だと作っていて感じます。
当然キャラが2D絵なのでカメラが角度を変えて回り込むみたいな操作は出来ませんがそれでもユーザー側で好きに変更出来る意味は有るかなと思います。

キャラクターアニメに関してもムービー作品では手付けで制作され完全に固定化されたアニメでしたが、リアルタイムの良さを出すために出来るだけインタラクティブに反応するものを目指して制作しています。
自分の技術力の無さもあって限界はありますが、原画担当の梵天 鴉さんには良い仕事をして頂いているので
それが活かせる様な良い物にしたいと思います。

という訳で今作品も遅れがちな開発状況ですがまた進展があれば更新いたします。
それでは今回はここまで~!!


(09:45)

2015年12月04日

皆様こんにちは、Makaroniです。
気が付けば12月になり今年も残すところ後わずかとなってしまいました。
2015年のサークル活動としては「睡魔 Episode2」を無事に完成出来たのでなんとか形にはなったかなと思います。

現在の活動といえば前回の更新ですでにお伝えしていますが次回作品にむけての制作をスタートさせています。
ブログのカテゴリーも「優艶の花 2.5D 制作日記」を追加しましたので今後は制作の進行に合わせて情報を公開していくつもりです。(タイトルは全く仮の物です)
ただし現在はまだ構想を形にするためのテストを繰り返したりしている段階なので頻繁な更新は出来ないと思いますのでご了承ください。

タイトルからも解るとおり次回作品は「優艶の花」シリーズの続編となります。
また2.5Dの意味ですが今回はオール3Dでは無くキャラグラフィックは基本は2Dで再現し、その他背景などは3Dで表現しいくことから2.5Dとしました。

気になるキャラクターグラフィック担当は自身でも同人活動をされている「梵天 鴉」さんに お願いしています。
睡魔2の制作中に梵天 鴉さんに描いて頂いた「優艶の花」のヒロイン「優華」の絵を見て私は感激しそこからの流れで今回の企画がスタート致しました。
同氏の描くキャラは独特の魅力に溢れていますので「優艶の花」シリーズにふさわしい妖艶でマニアックな世界にピッタリだと思います。
2D絵を使う事はDSCとして初めてなので私も慣れない部分も多いのですが、3Dでは表現しきれない絵の持つ柔らかさや艶めかしさを梵天 鴉さんと協力して表現していければと考えています!

DSC作品として気になるアニメーション部分ですが3Dの仕組みや技術をフル活用しますので想像している以上に表現豊かになると思います。
また次回作品の大きな特徴の一つはムービー作品では無くてリアルタイム形式の作品になります。
ここ何作品かは完全にムービーに特化したものだったので久しぶりにゲーム要素のある内容になります。

リアルタイム処理はFlashではなく3Dエンジンで行いますのでインタラクティブ性が格段に良い物に仕上げたいと思い鋭意開発中です。
そんな訳で現在の開発はプログラム中心となっていて見た目に進んだ感じがしないので正直辛い物があります(汗
ただしこれを乗り越えないと先に進めないので、無い頭をひたすらしぼってなんとか先に進めていきたいと思いますw

<概要>
「優艶の花」の続編、ユーザーの入力や指示にリアルタイムに反応する2.5D調教ゲーム。
<ストーリー>
「優艶の花 後篇」の後、兄弟の元から逃げ出した優華はあてもなくさ迷う生活を繰り返していた、そんな生活で体調を崩し生き倒れそうになっている彼女を救ったのは謎の老紳士だった。
彼の館に招かれた優華に待ち受けていたのはめくるめく快楽調教の日々だった!
みたいな流れになしますw

リアルタイムに反応するとはいえゲーム色が強すぎても実用性が下がってしまうと思います。
ですからそうならない様に色々なアイディアを盛り込んでいければと考えています。
今後開発が進めば実際のゲーム画像も公開していきますので楽しみにしていて下さい~。

という訳で今回の更新はここまで!





(11:49)