『Hermitage』制作日記

2007年04月21日

2007_4_21_A
皆様こんにちは~、Makaroniです。
もうご存知とは思いますが4月22日に新作「Hermitage搾乳奴隷」が発売されます。

前作からかなり時間がたってしまいましたが、ようやく新作が発売できることになり嬉しく思います。
そんな感じですので今回は完成までの道のり~最終章的な内容でお送りしますw
ちなみにゲームのエロ内容はサイトに詳しく書いているので、今回は制作ネタを中心に…興味の無い方はスルーして下さい。

今回の作品は3Dソフトを「アニメーションマスター」から「XSI」に変更しての処女作となります。
ソフトを変更するに当たり、今までと同じようなビジュアルになってはつまらないと考えていたので色々な面で新しいアプローチをとり、よりエロくなる様にし試行錯誤を繰り返して制作しました。

それまでも新しいアイディアはあったのですが、なんせアニマスではバグが多く、ほんとに~(涙)~最低限の事しか出来なかったので実現できずにいたシーン制作法を、一部ではありますが満足できるレベルにまでやれたのは良かったと思います。

とは言ってもまだ完全にXSIを使いこなせてはいないのが現状で、これから勉強すべき点は多いです。
実際に新作では不慣れな時期に制作した前半のシーンよりも慣れてきた後半の方がクオリティーが良くなってしまって、バランスを取るために前半のシーンに修正を入れたりと大変でした(汗)

考えを変えればこの一年程でそれだけXSIを理解出来るようになったと…ポジティブに考えれなくはないのですがw

あと制作スタイルの変更点は3Dソフト以外にムービー合成ソフトを積極的に取り入れている点です。
それまでは3Dソフトでムービーを作って殆どそれで完成!という感じだったのですが、近作からは3Dで50%完成、そこから更に合成ソフトで処理を加えて100%完成といった具合に手間をかけています。

手間と言っても、かなり前からゲームなどの商業3D映像は合成処理を加えてクオリティーアップさせるのが当たり前となっているので、ようやく普通の制作スタイルとなったと言えると思います。
まぁ、へっぽこ3D野郎の私らしくかなり遅れてのスタートラインです(汗)

3Dソフトと合成ソフトを併用することによって、3D単体では難しい表現か可能になるので、今後はXSIのみの修得ではなく合成ソフトとの連携を考えてトータルで強化できれば良いと思います。
それとなんと言っても「エロ」を作っているわけですので、技術的な部分以上にエロい感性をより磨いて行ければと思いますw

…っと…少したいくつな話になってしまいましたが「Hermitage搾乳奴隷」ようやくお披露目となります。
少しでも「むうっ~!!」と思って頂けたならよろしくお願いしますよ~!!

(09:36)

2007年03月28日

3月が終わろうとしています。
今年に入ってからは遅れを取り戻すべくハードスケジュールの日々、気がつけばもう4月ですよ(汗)。
まったく3Dってのは本当に手間がかかります…とは言っても辛いだけではなく楽しい部分も多いので止められないのだけどw。

本題の次回作の開発状況ですがFlashへの組み込み作業もほぼ終わりました。
今後は、今まで作業的に作る事の出来なかったムービー部分の残り(数はそんなに多くありません)を制作して、それをFlashに組み込んで…動作チェックを兼ねてのテストプレイ…微調整…を繰り返して完成です。
サンプル制作など細々としたことも含めると4月中旬くらいまでには全作業の完了予定です。

こう書くと本当にもうすぐ終了ですが、ソフト変更のために手探りでの制作もあって1年以上もかかっているので、終わる実感が全く無い(汗)。
制作が長いのも考え物ですよ本当に…問題に直面し悩む事が生活の一部になってるというか、終わったら急にボケたりして…。
とりあえずもうメインの3Dソフトは変更したくないのは確かですw。

ここからいきなり話が変わりますw。
次回作品のタイトルですが「Hermitage」(エルミタージュと読みます)に決定しました。
このままだとオシャレ過ぎる?ので正式にはこの後にDSC作品らしく鬼畜臭い副題がつく予定ですがまだ思案中ですw。

ゲーム内容ですが、Hシーンをサクッと楽しめるシンプルな内容です。
ストーリー的な部分は極力排除しましたが、全く無いわけではなくエロシーンを盛り上げる為のテキスト部分が若干あります。
「水鏡の雫」が比較的複雑だったので今度はその反動もありストレートにエロのみを追求した感じにしてみました。

Hアニメは基本はループですが、今回はダイナミクスを使おうと決めていたので、今までの尺の短いループアニメだとダイナミクス良さが出にくく、結果的に数種類の尺の長いムービーをワンセットにしてのループとしました。(言葉では解りにくいですね)

また前回も書きましたが「ループシーン」から「射精シーン」に移行すると、今まではすぐに射精していたのですが今回はユーザ様の多数の要望もありw、かなり長めになっています。
というか射精シーンに移行してからが本番というか…なのでその辺りに不満を抱いていた場合はかなり改善されていると思いますのでお楽しみにw。
(絶倫男に要注意です)

あとムービーの制御ですが、今まで通りの単一ムービーのループ以外にシーン単位でのループを追加したので尺の長い射精シーンを煩わしい操作をする事無く、繰り返し見ることも可能です。
またその反対に全てのムービーをストレートに再生することも可能で、全Hムービー尺が30分程(正確にまだ計ってませんが)あるので、エロアニメの様な感じで鑑賞して頂ければと思います。

…っと、今まで更新出来なかった分、長々と書いてしまった感じですが(汗)、次回更新では画像もUPしたいと思いますのでしばしお待ち下さい~。

(09:36)

2007年02月25日

こんにちは皆様~Makaroniです。
トップでもお知らせしましたが新作の開発も終盤に差し
掛かってきました(祝)。

とは言ってもまだ80%の完成度で3月中に残りの20%を終わらせてしまう予定です。
一ヶ月で20%も進むの?っと思われるかもしれませんが、一番時間のかかるHムービー作りにある程度の目処が立ってきたので大丈夫かなと思います。
ちなみに3月はムービーの残りとFlashのプログラムや音楽制作…その他色々な素材を用意して一気に仕上げる感じでいければと考えています。

そんなこんなで今回はもうすぐ完成する…いや、させるぞ~!の意味も込めたH画像をUPしましたw。
2007_2_25_a
ちなみに新作は短編の予定で制作していたのですが、Hシーンはしっかりボリュームがある作品になると思います。(というか100%エロシーンばっかだし、射精シーンも多いです…汗)
また色々な意味で新しい要素を取り入れていますのでお楽しみにw。

となると容量が心配だと思うのですが、今作品から新しい圧縮方式に切り替えるので、今までと同じ画質でも容量を半分近くに抑えることが出来てほっと一安心w。
(DLの事を考えるとやはり気になるのです)

それから今まで頂いたアンケートやメールなどで射精シーンに対する不満(短すぎるぞ!!)という要望が多かったのでそれを解消すべく努力してみました(汗)。
今回は”たっぷり”&”ねちっこく”なるようにHエフェクトを多用して表現してみました。
なのでプレイしてみて少しでも満足度が高くなる事を願います。
う~む、あまり細かく書くとプレイ時の楽しみが減るのでこのくらいにしておきますねw。

という事で、がんばればあと一月ほどなので最後まで丁寧に制作したいと思います。
では今回はここまで~!!

(09:35)

2007年01月30日

こんにちは~Makaroniです。
1月中に一度更新しておきたかったのですが、時間が取れずにギリギリでの更新となってしまいました。

気になる次回作の進行状況ですが概ねスケジュール通りに進んでいます…と言うか根性で進ませていますw
完成予定ですが桜の季節までに…という予定です。
う~む、ソフト変更後の初作品なので今回はさすがに長引きますね(涙)

長くなりましたがそろそろ画像の説明を~w
2007_1_30_A
2007_1_30_B
今回は指遊びのシーンです。
「くちゅくちゅ」と効果音を早く入れたくなりますが、とにかくHに動いていますw。

ちなみに全てのシーンに言えることなのですが、アニマスで制作していた時よりも積極的にシミュレーションをアニメに使っているので調整がかなり大変です。
設定が一発で決まれば良いのですが、どんなHシーンでもかなり複雑な動きになるのでなかなかこれが難しいです。

実はもう数シーン紹介したかったのですが、アニメ付けが忙しくレンダリングされたままで合成されずに放置されているシーンがたまってしまって~!
分身の術が使いたい心境ですw。

っと…そんなこんなで今回も中身の無い更新となってしまいましたが(汗)、では次回まで~!

(09:34)

2006年11月30日

もう今年も終わりだ~!

皆様こんにちは、今年最後の更新となりました。
先ほど「さくっと」ブログの更新履歴を見てみると非常に頻度が少ないことを改めて感じてしまいました(汗)。

新作ネタが少ないので仕方がないのかもしれませんが・・・かといって「マイブームは~」なんて書かれても見ていて興醒めするのは確実なので、来年もストイックにソフト開発の情報をお送りしようと思いますw。

そんなこんなで今回のUP画像の解説を・・・。
(画像A1~A2)と(B1~B2)は大まかな時系列で言えば同じ部分のCGです。
設定としてはパイズリシーンなのですが、(A1~A2)肉棒を擦っている胸元に唾液を垂らし(B1~B2)で唾液でヌルヌルになってさらに激しくしごく・・・そんな感じで見て頂ければと思います。

(A-1):肉棒を乳房でしごく少女!
2006_12_30_A

(A-2):ネットリとした唾液を滴らせる!
2006_12_30_B

(B-1):一段と激しくしごきあげる!
2006_12_30_C

(B-2):唾液&先走り汁&、ミルクでヌルヌル度合いがMAXに!!
2006_12_30_D

ご覧の通りパイズリシーンではミルク系&汁系のHエフェクトをふんだんに使用したので時間がかなりかかりました。(静止画では解り辛いかも?)
ですがその甲斐あってか今までの物よりも充実したシーンに仕上がったと思います。
う~む、汁って偉大ですねw。

これからまだまだ重要なシーンの制作が残っているので気を抜かず来年もがんばりたいと思います。
あっと・・・それから膣内部の断面表現も良い感じで再現できそうなので完成をお楽しみに~ですw。

それでは今年最後の更新はここまで~、皆様良いお年を!!

(09:33)